tsu4shiと野球と光線ダイエット

このブログは管理人ことtsu4shiが野球、ダイエットに取り組み、球速140kmを目指すブログです!

高校生とプロ野球選手の違いとは?

こんばんは。

 

今年の花粉は例年の4倍らしく、鼻と目がヤバいことになっています。

 

tsu4shiです。

 

 

黄砂とかPMとか花粉とか。。。最近は、ヤバいものずくしですね!

少し身体について書きたいと思います。

 

わたしごとですが、上記でも書いたように花粉症です。

発症は、高校1年の5月です。

高校が森に囲まれていたこともあり、身体の抵抗力が低下したことにより、発症したのだと思われます。

 

発症後、すぐに病院に行き、薬を処方してもらいました。

今では、手軽に手に入るアレグラです。

効き目も抜群で、すぐ花粉の症状は治まりました。

 

この時は、症状がまたでたら飲もうぐらいでしたが、大人になり、これが間違いだったと気づかされました。

 

”薬”は最後の手段。

 

人間の身体は、季節に順応するようにできています。

花粉に反応し、アレルギー反応がでる。

これは、身体が春に対応していこうという働きなのです。

辛いのは百も承知ですが、身体は常に正直なのです。

”くすり”を飲むと楽になれます。

しかし、自分の身体で補わなければならないものを

”くすり”に頼ってしまっているので、自分の身体の環境は変わりません。

身体の環境を変えるには、まず、薬を多飲しないこと。

これに尽きます。

風邪をひいた時、薬で治すのでは、はっきり言ってもったいないです。

せっかく身体が風邪の菌と闘ってくれてワンランク上へあがろうとしているのにもったいないです。

仕事、家事、育児など、さまざまな事情はあります。

仕方なく薬を飲むこともあるでしょう。

ですが、忘れてはいけません。

”薬”は最後の手段。

なるべく、薬を使わずに治すことをおススメします。

 

さて、ここからは野球について書きたいと思います。

 

春の選抜高校野球大会も始まって、球春到来といった感じですね!

今日は、高校生とプロ野球選手の違いについて考察していきます。

 

”高校生とプロ野球選手”

 

言葉からするとプロ野球選手は雲の上の存在的な感じでしょうか。

みなさんもそう思いますか?

実はそうでもないんです。

 

”高校生とプロ野球選手の違い”

 

それはメンタルです。

技術力と思いがちですが、実は違います。

 

高校野球界のトップレベルの選手達は、もう高校に入学してきた時点で、

技術力はあります。

彼らに何がたりないのか?それは経験です。

中学でのボーイズ、シニアなどでは、経験できないワンランク上の経験

が待っています。

入学してきた彼らが練習するのは、経験です。

これはあくまでトップクラスの選手達です。

もちろん、高校在学中に覚醒する高校生はたくさんいます。

わたしはいろんな高校生をみてきて思いましたが、

いい選手ほど”経験力”が違います。

高校生活の3年間でこの経験力の差が、進化の秘訣です。

上記の”高校生とプロ野球選手の違い”ですが、

プロ野球チームと高校選抜チームが試合をしたとして、

メンタルがプロに近い選手を集めたら、

10試合中1勝ぐらいはできるんじゃないかと思います。

高校3年間は技術力を練習するのもいいですが、

この”経験力”も重ねて練習すると

より、濃い3年間を送れると思います。

 

今日はここまで。