tsu4shiと野球と光線ダイエット

このブログは管理人ことtsu4shiが野球、ダイエットに取り組み、球速140kmを目指すブログです!

ソフトバンク松坂投手 快投!松坂投手はなぜ失敗したのか。

こんばんは。

 

最近モンハンを夜な夜なしています。

 

tsu4shiです。

 

最近は、野球の話ばっかりですが….

今日も野球について書いていきたいと思います。

 

WBC決勝戦はアメリカVSプエルトリコで、アメリカが圧勝しましたね!

やはり!本気でしたね(汗)

ベストナインですが、日本からはソフトバンクホークスの千賀投手が

唯一選ばれました!

 

わたしは、巨人の菅野投手よりも、千賀投手を推していたので、嬉しい限りです。

菅野投手もだいぶ株をあげましたね。

海外メディアからは、

"メジャーに来たら年棒16億円は硬いだろう"と言われていました。

ポスティングで行くとしても、すごい争奪戦になることは必死みたいです(汗)

 

日本のプロ野球ももうすぐ開幕です。

今年は、観戦しに行きたいですね!

さて、今日はソフトバンクホークスの松坂投手が快投しましたね!

わたしが中学生の頃、松坂投手と言えば、もう野球している人は知らない人はいないぐらいの大スター選手でしたね。

絵に描いたような野球人生を送っていたと思います。

メジャーに行くまでは。

松坂投手がなぜ失敗したのか。考察したいと思います。

 

①身体を間違った方にでかくしてしまった。

②日本球界復帰前で言えば、手術ですね。

 

 

この2点から松坂投手の負のロードが始まったと思います。

 

まず①は、日本人選手がメジャーで選手生命を短くしてしまう原因の一つです。

なぜかというと、メジャーのトレーナーの考えは、身体を大きくすれば、

・速い球を投げれる

・ホームランを量産できる

・デッドボールに当たっても耐えられる

などがあげられます。

 

これらは、メジャーの常識らしいです。

松坂選手の失敗は、この常識にのっかってしまったことです。

メジャーに移籍した松坂選手は、どんどん身体を大きくしました。

結果、腰が回らず、手投げになり、ポコポコと打たれるようになります。

日本人メジャーリーガーが活躍、成功している選手の特徴として、

ほとんどの選手があまり身体を大きくしていない。

岩隈投手

田中投手

イチロー選手

上原投手

前田投手

などは、身体を大きくしていませんね。

理由は上記と一緒で、身体のキレがなくなるのと、日本人は、メジャーのトレーニング方法に身体があっていないということです。

・日本(速い球を投げたい)→フォーム改善、肩甲骨の可動域の向上など

・メジャー(速い球を投げたい)→筋肉をつける 筋肉(アウター)さえ鍛えれば

 何とかかなる

この違いです。

松坂投手は、身体を大きくしずぎたため、手投げになり、

右腕に負担がかかり原因②手術するこになります。

手術をする(身体にメスをいれる)これは、スポーツ選手にとっては、リスクを非常におうことになります。

なぜならば、身体にメスをいれたら、まず、100%のパフォーマンスはできなくなります。めちゃくちゃよくて80%ぐらいでしょうか。

なので、かなりのリスクですね。

日本球界ならまだしも、メジャーでは厳しいでしょう。

もちろん例外もあります。

ダルビッシュ投手は、手術後、リハビリではなく、肉体改造に取り組み、見事成功しています。

ただ、例外は例外です。

基本は、元には戻らないです。ここは覚えておきましょう。

これを踏まえての今日の快投はよかったのではないでしょうか。

前回のピッチングとは、天と地の差でした。

腰はまわりにくいなりに、しっかりと身体を使ってなげていましたね!一時期は手投げで、変化球でかわすピッチングだったので、今シーズンのダメだと思っていましたが、なんとか、小さいながらにも希望が見えました。

やはり、松坂投手には頑張ってもらいたいですね!

 

今日はここまで。