tsu4shiと野球と光線ダイエット

このブログは管理人ことtsu4shiが野球、ダイエットに取り組み、球速140kmを目指すブログです!

侍ジャパン パート3アメリカ戦へむけて

こんばんは。

 

今日は練習試合で日本VSカブスがありましたね。

 

tsu4shiです。

 

今日もですが(汗)侍ジャパンについて書きたいと思います。

先発の阪神タイガース藤浪投手に続き、点を取られていましたが、メジャー相手ないので、仕方ないとは思います。

 

楽天の松井投手のストレートを軽くライトスタンドにホームランでしたね。

松井投手の球質の問題でしょうけど。

 

次のアメリカ戦も厳しい戦いとなるでしょう。

過去3大会で優勝のなしのチームUSA

 

今大会への本気度が違います。

 

一流のメジャーリーガーをそろえてきています。

過去にホームラン王、ゴールデングラブを獲った選手など。

 

日本のピッチャー陣がどう対策するのかが、勝敗をわけると思います。

tsu4shi的には、菅野投手は、打者一巡目で、おそらく捉えられるでしょう。

変化球全体の平均値は、高いものがありますが、

これといった決め球がないのが弱点です。

 

この弱点をどうカバーするかを考えなければ、話にならないでしょう。

巨人:小林選手の腕の見せ所ですね!

 

打撃に関しては、山田、筒香、青木選手がキーマンとなってくると思います。

なぜ、この3人かというと、メジャーのピッチャーの速くて、

動く球に対応できるのが、現状でこの3人だからです。

 

筒香選手はオフシーズンに海外でプレーして外国のピッチャーの特徴を知り、

それに負けないスイングを追及してきました。

その結果、2016年はホームランと打点の2冠に輝きました。

 

青木選手ですが、もうメジャーで嫌と言うほど、このボールをみているので、その対応策もきっとあるはずです。

 

最後に山田選手です。

2年連続トリプルスリーを達成しましたが、山田選手の凄い所は、目にあります。

山田選手の視力はそこまでよくないときいています。

サードコーチャーのサインはわかるが、だれがサインをだしているか、

顔が見えないので、わからないそうです。

なぜ、これがすごいかというと、ピッチャーが投げたボールをぼんやりとみることができるからです。

ぼんやりみるのがなぜいいかというと、目線を一定に保てるということです。

ボールをにらんでしまうと、身体も動いてしまい、打ち損じをしてしまいます。

これに加えて山田選手の凄さは山をはるのではなく、来た球を打てるということです。

対応力があるということですね!

 

この3選手が活躍してくれれば、なんとかいい戦いにはなるのではないかと思います。

後は、小久保監督の起用方法ですね!

 

今日はここまで。