tsu4shiと野球と光線ダイエット

このブログは管理人ことtsu4shiが野球、ダイエットに取り組み、球速140kmを目指すブログです!

侍ジャパンの話パート2

こんにちは。

 

今日は風は冷たいですが、日差しが暖かいですね!

早く気候が春に定着してほしいです。

 

tsu4shiです。

 

昨日のWBC 日本VSイスラエルは見事日本が勝利しましたね!

 

当ブログでもソフトバンクホークスの千賀投手を推していたので、非常にうれしいです。

 

序盤は0-0のまま均衡していましたが、横浜DeNAベイスターズの筒香選手が見事に先制ホームランを打ってくれました!その後もあれよあれよと打者一巡!

さすがに2回目の打席の筒香選手は、なんか落ち着いた感がなく、三振しましたが、

それはよしとしましょう!

 

ラッキーボーイの巨人:小林選手も頑張っていましたね!

小林選手は今大会打率が4割越えと好調のように見えますが、内容はボテボテのゴロを量産しております。

キレイなクリーンヒットはあまりありませんが、記憶には残りますね☆

4割のうち何割がラッキーヒットなんでしょうかw

短期決戦や国際大会には、小林選手のような存在がいると、チームにも勢いがでます。

なので、侍ジャパン:小久保監督からすれば、内容がどうであれ、4割は4割で、計算する方が、のちのちいい結果がでると思います。

 

不安要素も出てきましたね(汗)

 

それは守護神:牧田投手です。

最終回から登板で、なかなかストライク入らず、甘く入ったところを捉えられるなど、

ランナーがでましたね。

 

キューバ、オランダとあまり牧田投手のことを研究ではないですけど、気にしていなかったと思います。

 

イスラエルは違います。

スコワラーが必至になって研究しています。

監督も選手交代のタイミングが潔い良いです。

選手自体はメジャー傘下の3A選手がほとんどですが、今まで勝ち進んでこれたのは、研究熱心だったからと考えます。

今まで牧田投手の球筋は、見切られることはなかったのに、イスラエルの選手はいい見逃し方をしていました。そして、打者有利になったカウントで、甘いストレートが来たら、上から叩く。これを徹底していました。

 

これで、牧田投手のメンタルを崩すことに成功し、ピッチャーゴロを2塁悪送球となり、イスラエルのチャンスが広がってしまったと思います。

 

これからの起用方法を考えなければならないかもしれませんね。

 

侍ジャパンで登板していない阪神:藤浪投手の起用方法が気になります。

先発で使うのか、中継ぎか、はたまたセットアッパーか。

難しいところではありますが、藤浪投手の起用方法が今後を左右していくと、

わたしは考えます。

 

今日はここまで。