tsu4shiと野球と光線ダイエット

このブログは管理人ことtsu4shiが野球、ダイエットに取り組み、球速140kmを目指すブログです!

教科書にはのっていないストレートの握り方

こんにちは。

 

今日は真冬みたいにに寒いですね(泣)

山間部では雪が降るみたいです(汗)

 

tsu4shiです。

 

今夜は、WBC 日本VSイスラエルです!

 

日本が勝てば文句無しの準決勝に行けます。

キューバVSオランダでキューバが勝つとイスラエル戦を待たずして、

日本が準決勝に進出できます。

 

今日の先発がソフトバンクホークスの千賀投手ということで期待です。

今回の侍ジャパンの中で千賀投手が一番通用すると思いますね!

 

理由①:ストレートの伸びが一番良い。高めに抜けることが少ない。

理由②:フォークのキレが抜群。

 

この2点から国際大会で戦える要素が高いと思われます。

 

中でも千賀投手のフォークがいいですね!

バッターの手元で落ちて消えるといわれている通称”おばけフォーク”

 

メジャーにいった日本人ピッチャーで成功している選手は、

フォークのキレがいいですね!

 

メジャーで通用する=国際大会でも通用すると思います。

楽しみです!

 

今夜の日本VSイスラエルの予想は。。。。

 

5-3で日本が勝つと思います。

 

ここから、tsu4shiが140kmを投げるにあたって、

ボールのキレを増す方法を紹介したいと思います。

 

tsu4shiが野球中継でよく見ているのは、ピッチャーのボールを握る親指の位置です。

中継の解説者がよく『変わった握りをしていますね』など、

聞いたことがあると思います。

 

それを重視してみた所面白いことがわかりました。

 

親指の付け根を出して握っている投手のストレートの伸びがあまりないことに気がつきました。

教科書通りのストレートの握り方ですね。

この握りでは、バックスピンのかかる量が少なくなります。

バックスピンが少ない=球が伸びないです。

これは、150kmだろうが160kmだろうが変わりません。

 

プロ野球では稀に130~140km台のストレートなのに、

三振を量産できるキレが抜群の選手がでてきます。

理由はいろいろあります。

ジャイロ回転で空気抵抗が少なく、初速と終速の差があまりないなどです。

 

ここからが本題です。

 

では、どうして130~140km台のストレートでキレを増すことができるか。

 

それは親指の位置を変えます。

 

付け根を出さずに、小指の神経がきいた状態で、握ります。

指を立てた状態ですと、小指がうまく使えず、力が抜けます。

ボールにスピンをかけるには、力を最大限まで利用して投げることが大切です。

そして、できるだけながく、人差し指と中指でボールを押し出します。

この時、ボールと指の接地時間がながければながいほど、ボールにスピンがかかり、

キレが増します。

 

この握りをマスターできれば、球速以上のキレが生まれること間違いなしです。

みなさんもチャレンジしてみてください。

 

わたしもがんばります!

 

今日はここまで。