tsu4shiと野球と光線ダイエット

このブログは管理人ことtsu4shiが野球、ダイエットに取り組み、球速140kmを目指すブログです!

野球の話パート2

こんばんは。

 

昨日のオランダVS侍ジャパンの試合はすごかったですね!

 

オランダ打線の破壊力には度肝を抜かれました!

一方、侍ジャパンは耐える野球でした。

なんとかランナーを出し、ヒット1本で点数に結びつける!

実に日本らしい野球です。

日本ハムファイターズの中田翔選手がよく当たってましたね!

次のキューバ戦に期待しましょう!

 

前書きが長くなりました。 tsu4shiです。

 

今日は野球の話第2弾といたしまして、書きたいと思います。

 

上記の内容に戻るのですが、次のキューバ戦を前に少し、オランダとキューバ

を考察していきたいと思います。

 

日本VSオランダでオランダの打線の凄さはよくわかったと思います。

オランダとキューバの打撃についてですが、どちらの国も4番が日本でプレーしているヤクルト:バレンティン、ソフトバンク:デスパイネです。

なぜ、メジャーで活躍している選手ではなく、日本でプレーしている選手なんでしょうか?疑問が残ります。

理由①

対日本にわざと日本の投手になれている選手を合わせてきている。

理由②

4番という打順をそこまで、重視していない。

理由③

両選手が4番という打順にハマっている

 

この3点があげられます。

 

わたし的には、②だと思います。

理由は、三振かホームランでいいと割り切っているからだと思います。

 

バレンティンはコツコツ当ててヒットを量産していますがw

 

日本はオランダには苦しめられましたが、

キューバにほ以外とサクッと勝つかもしれませんね。

 

オランダの選手は、ホームランも狙っていますが、振りがコンパクトでコツコツあててくるタイプが多いですね。

 

一方キューバは、早打ちで、長打狙いのバッターが多いイメージです。

先発が菅野投手ということで、コントロール重視で変化球で、

かわすピッチングでなんとかなりそうな気がします。

ストレート勝負をしだしたら、ヤバいと思いますね(汗)

 

日本の打線ですが、ヤクルトの山田選手がまだ元気がありませんね(泣)

打率も1割台ですし、国際大会ならではのストライクゾーンに苦しめられてる感

がありますね。

昨日の審判は、なかなか厳しいジャッチだったと思います。

またホームラン以外のビデオ判定がないということで、抗議もできないので、

いかに審判を攻略できるかが勝利への近道だと思いますね!

ピッチャーでなかなかいい結果がでないのが楽天の則本選手ですね(汗)

なかなかいいピッチングをしてると思うのですが、少しボールが高く、あまくなったところをホームランにされてますね。国内では、球威もありますし、通用するでしょうけど、海外(メジャー)では、厳しいものがあります。

本番に普段以上の力を発揮できる選手なので、このWBCをきっかけに進化、覚醒してほしいです!

 

今日はここまで。